Loading

BLOG

ドラゴ(DRAGO)のスーツ特集!おすすめ生地のランクや特徴4選を総まとめ!

今回は、イタリアビエラを代表する、高級生地メーカーのドラゴ(DRAGO)について、おすすめ生地4選の特徴や、歴史的背景など、ドラゴ(DRAGO)が高級生地メーカーである真相ついて、徹底解説していきます。

超高級ブランドの生地生産を請け負うドラゴ(DRAGO)の驚きの品質について、ご理解頂けるかと思いますので、是非最後までお付き合い下さい!

ドラゴ(DRAGO)の歴史とは?

ドラゴ(DRAGO)は、1963年に紡績会社として創業しており、その後、ウンベルト・ドラゴ氏によって1973年から糸の生産をイタリアのビエラでスタートする事となります。

そして、ドラゴ(DRAGO)は、コンパクトヤーンと言う、毛羽を伏せて滑らかにした糸を、紡績に一早く採用したことでも有名であり、糸の納入先にあたるヨーロッパのマーケットで有名な「FINTES」ブランドを2001年に傘下としています。

またその後、自社の高品質な糸を活用するブランドとしてをドラゴ(DRAGO)を開始し、現在においては、ドラゴ(DRAGO)ブランドのみに高品質な糸を提供しており、一部を除く全世界でドラゴ(DRAGO)という生地ブランドにて統一しています。

そのためドラゴ(DRAGO)の生地は、「高品質な糸=高品質な生地」を求める世界の高級ブランドから高い評価を得ています。

ドラゴ(DRAGO)の生地の特徴とは?

高級生地メーカーとして、現在では確固たる地位を築いているドラゴ(DRAGO)ですが、生地に対する拘りも突出しています。

偏に高級生地と言えども、どのような部分に強みを有しているのかなど、生地を切り口したドラゴ(DRAGO)の特徴について解説していきます。

ドラゴ(DRAGO)のSuper130s以上の糸の生産シェアはなんと・・・

イタリア最大の毛織物産地にあたる“ビエラ”を代表する生地メーカーであるドラゴ(DRAGO)は、糸の紡績から生地までを一貫して製造する、ビエラでも唯一且つ、世界的にも珍しい生地メーカーになります。

ドラゴ(DRAGO)の最大の特徴は、細番手である、Super130s以上の糸の生産を行い、そのシェアはなんと、全世界の役70%を占めています。

また、スーツの生地として、最も細番手となるSuper210s’の生地を生産・開発していることも非常に有名であり、世界的にも注目を浴びている生地メーカーになります。

ドラゴ(DRAGO)のウール生地が最高峰と呼ばれる理由とは?

ドラゴ(DRAGO)のウール生地は、メリノ種というオーストラリア原産の最高級毛及び、中国産で最上質と言われている、カシミヤを主原料としており、その中でも特に良質の部分のみを吟味し採用しています。

生地の品質は、イタリアのLoro Piana(ロロ・ピアーナ)や、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)と並び、高品質素材のアイテムを数多く製造し続けています。

ドラゴ(DRAGO)の生地はどうなの?おすすめ生地4選!

ドラゴ(DRAGO)の生地の特徴は、糸に耐久性としなやかさを兼ね揃えている点にあり、尚且つ、独自デザインときめ細かく落ちの無い仕上がりにあります。

また、最新のナノテクノロジーを採用しており、最高級ウールの質感を保ちながらも、防シワ、防湿、撥水効果を与え、従来の最高級ウール素材に見られる繊細なイメージを保ちながらも、多湿で雨が多い気候であるマーケットにおいて、絶大な評価と信頼を得ています。

CORTINA(コルティナ)はドラゴ(DRAGO)の冬の定番生地!

ドラゴ(DRAGO)のCORTINA(コルティナ)は、冬の定番アイテムになり、Super130sウールの原毛を贅沢に採用しています。

また、70番双糸で織り上げ、イタリア生地の従来の特徴であった、光沢があり、薄目の素材と区別した原糸をそのまま体感出来る仕上りになっております。

また、気になる目付けですが、260gと軽量になっております。

しかしながら、軽量感を残しつつ、ドラゴ(DRAGO)独自の起毛加工で、糸の打ち込み本数を増やしいるため、カシミアのようなソフト感とフランネルを組み合わせたコレクションとなっています。

イタリア生地特有の柔らかさ、イギリス生地特有の張りやコシ兼ね揃えたコレクションです。

ドラゴ(DRAGO)の定番クオリティー!VANTAGE(ヴァンテージ)の特徴とは?

ドラゴ(DRAGO)のVANTAGE(ヴァンテージ)はヨーロッパ560の専門店、イタリア国内320のサルトが、取り扱いを行うのドラゴ(DRAGO)の定番クオリティーです。

80双糸×60番単糸で生地は織り上げられており、イタリア生地の特徴である発色と季節感を組み合わせたチェック柄とストライプがVANTAGE(ヴァンテージ)の特徴になります。

ATLANTE(アトランテ)はドラゴ(DRAGO)が誇る最高級生地!

ATLANTE(アトランテ)はドラゴ(DRAGO)が誇る高級服地の定番でになります。

Super150s’の細番手を採用しており、シングルスーツで、タイトシルエットにする事で素材の良さや光沢感が際立ちます。

94双糸×47単糸で織り上げられており、細番手生地に見られる独特な光沢感や、滑り感を最大限に引き出しながらもハリがあるのがATLANTE(アトランテ)の特徴になります。

原毛自体の良さがしっかりと活かされた、存在感溢れるコレクションです。

ドラゴ(DRAGO)のRugby Flannel(ラグビーフランネル)

ドラゴ(DRAGO)のRugby Flannel(ラグビーフランネル)は、Super130’のナチュラルストレッチ素材です。

その名の通り、「ラグビーができるくらい柔軟性に優れた素材」という意味合いが込められた機能性素材になり、目付けは270〜280gとなっており非常に軽量感溢れる素材になっています。

また、Rugby Flannel(ラグビーフランネル)には、なんと撥水性も付与されており、機能性、着心地共に優れた素材となっています。

まとめ

今回は、ドラゴ(DRAGO)の魅力について、歴史的な観点をはじめ、おすすめ生地4選と幅広く紹介させて頂きました。

コンパクトヤーンを一早く導入し、Super130s以上の糸の生産シェアが70%を占めるという驚きの生地メーカーです。

季節やあなたの着用シーンに合わせた極上の1着を是非ドラゴ(DRAGO)の高級生地で仕立ててみては如何でしょうか?

Follow Me!

ドラッパーズ(DRAPERS)の人気生地4選!極上スーツがここに!

カチョッポリ(CACCIOPPOLI)のスーツ&ジャケット特集!おすすめ生地の特徴も公開!

関連記事

  1. エドウィンウッドハウスのオーダースーツ!おすすめ生地3選をまとめ!

    2018.11.20
  2. イタリアの名門アリストン(ARISTON)!オーダースーツの生地や価格を総まとめ…

    2019.08.12
  3. テーラーロッジのスーツが凄い!気になる価格や生地の評判まで大公開!

    2021.03.16
  4. フラッテリタリアディデルフィノ(FRATELLI TALLIA DI DELFI…

    2021.03.17
  5. ロロピアーナ(Loro Piana)のスーツが選ばれ続ける理由とは?おすすめ生地…

    2021.03.03
  6. フォックスブラザーズ(FOX BROTHERS)のオーダースーツ!おすす生地3選…

    2021.04.16

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
PAGE TOP