Loading

BLOG

フィンテックス(FINTEX)のおすすめスーツ生地3選!評判や価格を総まとめ!

今回は、イギリスの名門で、英国の最高品質生地としても名高いフィンテックス(FINTEX)のオーダースーツを紹介していきます。

フィンテックス(FINTEX)は、生地のロールスロイスとも呼ばれており、多くの富裕層やエグゼクティブ層を顧客に抱える人気の高い生地メーカーです。

FINEは(素晴らしい)TEXTURE(織物)を意味し、グローバルに展開するフィンテックス(FINTEX)のおすすめ生地の評判や気になる価格帯に迫りますので、是非最後まで、お付き合い下さい。

フィンテックス(FINTEX)の歴史とは?

フィンテックス(FINTEX)とは、1881年にイギリスのロンドンで設立され、貴族や王室で愛用されているロンドンのマーチャント(毛織物商社)になります。

そのテイストがイギリスの伝統的なパターンを中心とした非常にトラディショナルなスタイルであることから多くの富裕層に広く受け入れられるものとなりました。

現代は様々なデザインのスーツが世界中で流行し、その記事も様々なものが採用されています。

しかしその中であくまでもスーツの基本とも言われるブリティッシュスタイルにこだわり、伝統的なパターンをモチーフにオリジナルのものも含めて全てトラディショナルに固執しており、多くのオールドファンから注目されているのです。

フィンテックス(FINTEX)が初?生地耳のブランド名とは?

また1889年には、現在ではほとんどの生地メーカーが採用している、生地の耳の部分にブランド名を入れる仕組みを最も早く導入しており、そのブランド名に強いこだわりを持っている点もフィン テックス(FINTEX)の特徴とされています。

この点も富裕層に注目されるポイントです。

フィンテックス(FINTEX)のスーツの特徴とは?

フィンテックス(FINTEX)のスーツの特徴はあくまでもブリティッシュトラディショナルにこだわっている点です。

現在はそのデザインにも様々なものがあり、従来のイメージを覆すようなシルエットを持つものも非常に増えていますが、これらは非常にファッション性を重視している傾向が強く実用性に乏しいものも少なくありません。

その中で伝統的なブリティッシュトラディショナルのデザインは多くの年齢層に受け入れられるものとなっているほか、見た目にも美しいシルエットを持っている点が特徴です。

フィンテックス(FINTEX)の生地や美しきシルエットについて!

フィンテックス(FINTEX)は、歴史深い生地メーカーで、この会社の生地は古くから利用されているデザインを基調としたものが多く、トラディショナルなシルエットを描いたときに最も美しいライン表現するようになっているのがポイントです。
古さを感じさせないしっかりとしたシルエットを描くことができるのも魅力となっています。

フィンテックス(FINTEX)のスーツの価格や相場とは?

フィンテックス(FINTEX)のオーダースーツは非常に高額で、一般の人ではなかなか手を出すことができない水準に達しています。

その理由は、生地を構成する糸の1本1本から最高品質のものを使用するとともに、デザインに寸分の狂いもないような効果的なチェックを一つ一つ行っている点がポイントです。

さらに実際にこの生地を利用して仕立てを行う際には手作業であることはもちろん、その模様を効果的に生かすことが出来るように細心の注意を払って下仕立てが行われます。

そのため、生地そのものの価格が約35万円からであるのに対し、作業も相互に関わるので安くても40万円から50万円程度の価格になることが予想されます。

フィンテックス(FINTEX)の技術力からなる着心地が凄い!

フィンテックス(FINTEX)の技術は非常に高く、良質でムラのない仕上がりとなっていることから、非常に着心地が良くすんなりと体にフィットする柔らかな感覚が魅力で、一般的なメンズスーツとは大きな違いを持っているのがポイントです。

価格相応の品質を維持しているばかりでなく、落ち着いて着用することができる特徴を持っています。

フィンテックス(FINTEX)の評判は品質とデザイン性にあり?

フィンテックス(FINTEX)は富裕層を中心に非常に評判の良いものとなっているのが特徴です。

一見普通のスーツに見えるような生地ですが、その品質が高くデザイン性に優れており、美しいイメージを焼き付けるものとなっています。

しかし一般的な豪華なブランドのようにそのイメージを押し付けるものではなく、落ち着いた雰囲気ではありますがしっかりと上質さをアピールする点を備えており、一目で高級そうな印象を与えるところが非常に注目されています。

フィンテックス(FINTEX)は良質なテーラーのみに生地を供給?

フィンテックス(FINTEX)はその品質に大きなこだわりを持っており、ブリティッシュトラディショナルの重厚さと高級感を併せ持っていることから、価格が高いのにもかかわらず多くの地域で人気を博しています。

オーダーメイドを行うテーラーも良質のテーラーだけが取り扱えるようになっており、ブランドのイメージも印象強く効果的なものとなっているのが特徴です。

そのため富裕層にとっては自らのステータスを表現するのに良いと評判になっている生地です。

フィンテックス(FINTEX)のおすすめ生地3選!

フィンテックス(FINTEX)は非常に伝統的なスタイルを守り続けているブランドであるため、その生地の種類は決して豊富ではありませんが、その一つ一つがしっかりと製造されており、高級感があふれるものとなっています。

フィンテックス(FINTEX)の『ENGLISH FINTEX』

伝統的な英国調を維持しながらも、上質な素材を追及し、新たなデザインを提供している、フィンテックス(FINTEX)ならではのコレクションが『ENGLISH FINTEX』になります。

SUPER100’sやSUPER120’sの生地を採用しており、オーソドックスなブラック、ネイビーやグレーをメインカラーとし、無地・ストライプ・ヘリンボーンのパターンを基本とした信頼の高いクラシックデザインとフィンテックス(FINTEX)特有のステイタスを踏襲しているコレクションとなっています。

フィンテックス(FINTEX)の『EXCELLENT ENGLISH FINTEX

フィンテックス(FINTEX)の『EXCELLENT ENGLISH FINTEX』は、『ENGLISH FINTEX』のワンランク上位のコレクションとなっており、エレガンスとラグジュアリーさを兼ね揃えた上質のコレクションとなっています。

SUPER130’sやSUPER150’sの生地を採用しております。

中でも、SUPER130’sの生地は、しなやかな質感と華のある艶感を醸し出しており、SUPER150’sとピュアシルクで仕上げた生地は、シルクのエレガントな光が落ち着きの中にも洗練されたテイストを生み出しています。

フィンテックス(FINTEX)の『SAVILE ROW COLLECTION』

フィンテックス(FINTEX)の『SAVILE ROW COLLECTION』はウールの中で最も高級とされるオーストラリアのメリノウールを採用しています。

メリノウールは、他の種類の羊毛に比べて最も白くまた繊維が細いのが特徴で、直径は通常23マイクロンより細いもので、とてもソフトな肌触りをしています。

メリノウールを使用して横糸を単糸で織り上げた服地は薄く軽いため春夏は過ごしやすく、秋冬は保温性があるだけでなく高級感のある見た目と型崩れしにくい仕上がりを生み出します。

フィンテックス(FINTEX)は、『SAVILE ROW COLLECTION』で英国で永年愛される伝統的なフォーマルスタイルを提案し続け一時代を築いてきたと言っても過言ではない、代表的なコレクションになります。

まとめ

今回はイギリスロンドンの有名マーチャント『フィンテックス(FINTEX)』について歴史的な背景から、おすすめ生地3選の特徴などを中心にフィンテックス(FINTEX)の魅力をお伝えして参りました。

生地のロールスロイスとも称される、フィンテックス(FINTEX)のおすすめ生地で、あなたの最適なシーンに合わせた極上の1着をこの機会に是非お試し頂けたらと思います。

Follow Me!

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめオーダースーツ生地3選!

アンジェリコ(angelico)のオーダースーツ!おすすめ生地3選と評判を総まとめ!

関連記事

  1. テーラーロッジのスーツが凄い!気になる価格や生地の評判まで大公開!

    2021.03.16
  2. ドラゴ(DRAGO)のスーツ特集!おすすめ生地のランクや特徴4選を総まとめ!

    2018.11.22
  3. チェルッティ(CERRUTI)の人気生地6選!生地ランクをプロが解説!

    2019.02.17
  4. カチョッポリ(CACCIOPPOLI)のスーツ&ジャケット特集!おすすめ生地の特…

    2018.11.23
  5. CANONICO(カノニコ )のおすすめ生地4選!値段や評判も総まとめ?

    2021.03.06
  6. ホーランド&シェリー(HOLLAND&SHERRY)の人気シリーズ5選!あの生地…

    2018.11.18

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
PAGE TOP