Loading

BLOG

アンジェリコ(angelico)のオーダースーツ!おすすめ生地3選と評判を総まとめ!

今回は、イタリアの人気ブランド『アンジェリコ(angelico)』のオーダースーツを徹底解説していきます。

ビジネスカジュアルとして、ジャケット単体としての活用においても評判の高いアンジェリコ(angelico)について、歴史的背景やおすすめ生地3選等、高コスパなアンジェリコ(angelico)の魅力を一挙大公開していきます。

気になる価格感や評判についても触れていきますので、是非最後までお付き合い下さい。

アンジェリコ(angelico)の歴史とは?

アンジェリコ(angelico)は、1955年に創業したイタリアの機織りメーカーで、北イタリアのビエラに製造拠点を置きます。

創業から5年後の1960年には、オリジナルのコレクションを展開することで、一躍知名度がアップしました。

1968年になるとアンジェリコ(angelico)に紡績部門が新設され、事業拡大によるブランド力の増強が図られています。

設備投資を惜しまず、技術躍進に力を入れてきたことから、今では名実共に世界的なブランドとなっております。

1972年に染色と整理部門を新設したことによって、紡績から染色・整理までカバーする、一貫した生産体制が確立されています。

アンジェリコ(angelico)の品質管理が凄い!

アンジェリコ(angelico)の品質管理はトップクラスといわれ、徹底的な管理体制で僅かな生地の傷や汚れも逃さないです。

これらのことからも市場に出回る生地はどれも上質であり、ブランド力が高く維持される結果に繋がっています。

このようにアンジェリコ(angelico)の生地なら間違いない、そのような安心感や期待感が非常に高いブランドになるため、世界中の多くの一流テーラーや、ハイクラスの顧客から長年選ばれ続けているのも納得です。

アンジェリコ(angelico)のスーツの特徴や値段の相場とは?

アンジェリコ(angelico)を語る上で欠かせないのが高コスパである点です。

そのため、既成用スーツであれば2万円前後から、パターンオーダーでのスーツのお仕立てであれば5万円前後〜購入可能です。

高品質な生地なのに価格帯が手頃、これがブランドに共通する特徴だといえるでしょう。

このように手の届きやすい値段が実現するのは、やはり一貫した生産体制を持ち、コスト削減が実現しているからだと考えられます。

縫製の質を重視すれば、メンズオーダー価格はもっと高額になりますが、しかし10万円に到達することは稀です。

アンジェリコ(angelico)はこんな方におすすめ?

アンジェリコ(angelico)は高品質である上に、一貫生産体制からの享受として、比較的に安価にお買い求め頂ける、ブランドになるため、初めてオーダーメイドで仕立てを行う方や、営業職など、使用頻度が高い方におすすめ出来るブランドになるかと思います。

加えて、ファブリックブランドとしての評判も高く、ジャケット生地も幅広い柄やデザインにに富んでいるので、幅広いシーンで活躍するブランドになります。

既製品のスーツであっても、市販の多くの生地よりも上質な一着が手に入るので、価格感以上にお得感がある部分が最大の強みになります。

アンジェリコ(angelico)はビジネスカジュアルやジャケットスタイルにもおすすめ!

アンジェリコ(angelico)は、いわゆるジャケパン(ビジネスカジュアル)にも最適な生地やデザインが豊富です。

ジャケットとパンツを組み合わせるビジネスカジュアルが楽しめます。

生地が上質な上、デザイン性も富んでいるため、割とどのようなパンツとも合わせやすく、プライベート仕様にも向いています。

既製品だとコーディネートに限界はありますが、オーダーして作られたジャケットなら、身体に馴染むので何でも組み合わせてみる余地が生まれます。

懐が深くジャケパンも楽しませてくれる、それがイタリアの生地ブランドアンジェリコ(angelico)の魅力の1つです。

カジュアルルックにマッチするといったところが流石イタリアブランドですし、ビジネスカジュアルにおいて違和感がないのも頷けます。

フォーマル用途に使えるのは勿論、カジュアル寄りでも期待に応えてくれるので、応用の幅が広いことが分かります。

パンツやインナーなど、組み合わせのセンスは問われますが、何気なく選んだものであっても、それなりのビジネスカジュアルに仕上がるはずです。

アンジェリコ(angelico)の生地の特徴や評判とは?

アンジェリコ(angelico)の評判としては、生地が良くて満足感も高く、費用対効果に優れていると好評です。

比較的低価格帯のオーダースーツに選ばれていますが、価格からすると上質で、品質の安定感も十分です。

日本人は完璧を求める人が多いので、生地に僅かでも傷や汚れが含まれると、たちまち商品価値が低下してしまいます。

その為、このブランドは一貫体制で品質管理を徹底していますから、商品を評価する目が厳しい日本人でも納得できます。

そんな中、アンジェリコ(angelico)のスーツについて、具体的に生地のどういった点に特徴があり、どの点について評価を勝ち得ているのかを掻い摘んで紹介していきます。

まずは、アンジェリコ(angelico)の生地の特徴を解説!

アンジェリコ(angelico)の生地と言えば、繊細で柔らかく、発色の良さ、滑らかな肌ざわりを有するのが特徴となります。

イタリアブランドの中にあるため、イタリアブランドの風合いを残しながらも、強いハリ・コシ感のある生地を提供しています。

また、原毛は、オーストリア・メリノウールを中心に、Super100’SからSuper 150’Sまでを採用し使い分けを行なっています。

また、オーダーメイドスーツの素材向けに高級ウーステッドを提供しており、安定した供給力を持っているのが特徴です。

シルク・モヘア・メリノウール・リネンなどを取り扱っており、その中でもリネンは世界的に定評のある高品質素材です。

続いてアンジェリコ(angelico)の評判を解説!

評判はオーダーの縫製の質にもよりますが、日本人の体型を知り尽くすお店であれば、この点も心配は必要ないでしょう。

安くても着心地が良く型崩れしにくい、上質な質感と実用性を兼ね備えているのが、実際にオーダーしたり着用した人達の評価です。

細部に拘った作りも珍しくないので、生地の価格からは想像できない一着が身につけられます。

総合的に満足感が高く、着回しを前提とした複数着の購入ハードルが低いので、スーツは全てアンジェリコ(angelico)という人も珍しくないです。

アンジェリコ(angelico)のおすすめ生地3選!

ファブリックブランドとしても、スーツ・ジャケット共に定評のあるアンジェリコ(angelico)ですが、イタリアブランド特有の遊び心に溢れたジャケット生地、そして、気品溢れるスーツ生地と非常に豊富なラインナップになっています。

そこで、おすすめの生地についても一部紹介していきたいと思います。

ビジネスでの実用性なら!アンジェリコ(angelico)のストライプスーツ!

アンジェリコ(angelico)の生地でおすすめなのは、ビジネスシーンで活用できるストライプライン入りのタイプです。

ストライプといってもそれ一辺倒ではなく、シャドー入りで立体感のある生地も選べます。

手触りの良い質感や落ち着いた光沢感に強度など、ビジネスシーンにおいて使いやすい、実用性重視となっています。

夏場の定番!アンジェリコ(angelico)のリネン

アンジェリコ(angelico)の中でも、特に評判の高いのがリネン素材であり、アンジェリコ(angelico)のリネンは吸湿速乾性を兼ね備え、汗を掻きやすい夏場に最適です。

夏場に高温多湿になる日本は、あまりスーツは向かないとされていますが、このリネンタイプなら快適な着心地が得られます。

風合いや光沢がしっかりとしているので、どの柄を選んでも満足できますし、あえて無地を選んで着こなすのも良いでしょう。

秋冬の定番!アンジェリコ(angelico)の厚手ウール!

秋冬の季節では、厚手のウールがアンジェリコ(angelico)のおすすめに当てはまります。

通気性よりも保温性重視で、それなのに重苦しくなりにくく、オーダースーツらしいフィット感が味わえます。

基本的にどれを選んでもメンズオーダーのスーツは一定以上の品質ですが、利用シーンや季節ごとに選び分けることで、その時に最適な一着が手に入ります。

まとめ

今回はイタリアの人気ブランドである、アンジェリコ(angelico)について幅広くブランドの魅力を紹介して参りました。

高コスパで、素材に妥協がなく、日本人も安心出来る品質管理でありながらも、比較的お手頃にお仕立てが可能な点が、アンジェリコ(angelico)の大きな特徴です。

多彩なデザインから、ジャケットの仕立て、良質ウールでオーダースーツの仕立て等々、イタリアブランドらしい多様なシーンでの活用が可能です。

特にリネン素材での仕立ては、エレガンスでありながらも実用的な仕立てに上がりますので、是非この機会にお試ししてみては如何でしょうか?

Follow Me!

フィンテックス(FINTEX)のおすすめスーツ生地3選!評判や価格を総まとめ!

★NEW!2019AW DORMEUIL(ドーメル)スーツ生地入荷情報

関連記事

  1. ホーランド&シェリー(HOLLAND&SHERRY)の人気シリーズ5選!あの生地…

    2018.11.18
  2. フィンテックス(FINTEX)のおすすめスーツ生地3選!評判や価格を総まとめ!

    2019.08.28
  3. チェルッティ(CERRUTI)の人気生地6選!生地ランクをプロが解説!

    2019.02.17
  4. エドウィンウッドハウスのオーダースーツ!おすすめ生地3選をまとめ!

    2018.11.20
  5. イギリスの名門!ダロウデイルはデキる男の象徴!おすすめ生地3選を紹介!

    2021.09.06
  6. ハリソンズオブエジンバラの人気生地4選!価格や評判も大公開!

    2018.11.19

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
PAGE TOP