Loading

BLOG

ドラッパーズ(DRAPERS)の人気生地4選!極上スーツがここに!

今回は、イタリアの名門ドラッパーズ(DRAPERS)の魅力について、徹底解説していきます。

ドラッパーズ(DRAPERS)は知る人ぞ知る、イタリアの有名マーチャント(卸商社)でああり、世界中の有名テーラーや、国内においても有名セレクトショップにて取り扱いがなされているメーカーになります。

そんなドラッパーズ(DRAPERS)の歴史や特徴をはじめ、おすすめ生地4選についてなど、気になる情報盛り沢山で紹介していきますので、是非最後までお付き合い頂けたらと思います。

ドラッパーズ(DRAPERS)の歴史とは?

ドラッパーズ(DRAPERS)のは1956年、イタリア・BOLOGNAにてArturo Lolli氏により設立され、現在は2代目にあたるDomenico Lolli氏に受け継がれています。

現社長であるDomenico Lolli氏は、顧客(テーラー)とのコミュニケーションを大切にしており、テーラー業界における相談役として現場での様々な意見に耳を傾け、適切なアドバイスを行っておりまうす。

結果、“Lolli”という名前はテーラー界において絶対的な地位を得ることとなりました。

そのドラッパーズ(DRAPERS)が選んだ生地は、毎シーズンその発表が期待されており、特にシーズン限定で展開されている“LOLLI SUGGESTION”は、その時のLolli氏のベストな提案が盛り込まれています。

ドラッパーズ(DRAPERS)の特徴とは?

社名である『ドラッパーズ(DRAPERS)』とは、英語の『DRAPER=服地商』、イタリア語の『DRAPPERIE=服地』、『PER SARTI=仕立屋のための』などを掛け合わせて作られており、仕立屋のための服地商という意味が込められています。

ドラッパーズ(DRAPERS)マーチャント(卸商社)であり生地を作るメーカーではないため、ドラッパーズ(DRAPERS)の生地は様々なメーカーが作っています。

中でもKiton キートン傘下にあるカルロ・バルベラの織った『DRAPERS ドラッパーズ』などが有名です。

決して派手な色や柄ばかりのコレクションではなく、控えめながらも華があり、しなやかさとハリを併せ持つ仕立て映えのするラインナップです。

ドラッパーズ(DRAPERS)の評判とは?

ドラッパーズ(DRAPERS)が高く評価されているの理由としては、生地のクオリティは勿論ですが、それ以上にドラッパーズ(DRAPERS)が選んだという信頼感による所も非常に大きいと言えます。

ドラッパーズ(DRAPERS)の生地は、ミラノ、ナポリ、パリ、シンガポール、ニューヨークなど世界中の名だたるテーラーなどで目にすることができます。

また日本国内でも様々なテーラー、セレクトショップ、専門店などで取り扱われており、世界的に有名なマーチャントになります。

ドラッパーズ(DRAPERS)のおすすめ生地4選を紹介!

ドラッパーズ(DRAPERS)は、いかにもイタリアの洒落者たちが好む色柄、それから滑らかで光沢感もあり、軽快さを忘れないにも関わらず、非常にハリコシが強く仕立て栄えする生地感であるのが特徴です。

ドラッパーズ(DRAPERS)の『アライバル(ARRIVAL)』

オールシーズン向けですばらしい光沢が特徴のドラッパーズ(DRAPERS)の『アライバル(ARRIVAL)』は、ドラッパーズ(DRAPERS)が創業当初から展開している代表的なコレクションです。

クオリティ的にもSuper110’sと扱いやすく、日常使いに適し、目付も260gなのでシーズンを問わず着用できるという、まさに現代のビジネスマンにおすすめの素材となっています。

カラーはクラシカルなデザインからドラッパーズ(DRAPERS)ならではの鮮やかな色でデザインされたものまで豊富なコレクションとなっています。

ドラッパーズ(DRAPERS)の『ハイツイスト(HIGH TWIST)』

ドラッパーズ(DRAPERS)の『ハイツイスト(HIGH TWIST)』は、耐久性と機能性を兼ね備えたハイツイストウールコレクションです。

躍動感にあふれた立体的な表情の4PLY、ボルドーをアクセントにしたヴィンテージグレンチェック、60年代のデザインを復刻させたイングリッシュコレクション、トーン控えめでコントラストを抑えたモダンコレクションの4つのクオリティです。

クラシックとモダンを融合した『ハイツイスト(HIGH TWIST)』コレクションは、スーツ・ジャケット・パンツ全てのアイテムに幅広くご愛用頂けるのが特徴です。

ドラッパーズ(DRAPERS)の『ファイブスター(FIVE STARS)』

ドラッパーズ(DRAPERS)の『ファイブスター(FIVE STARS)』は、トレンドでもある目欄時素材を多数取り揃えたクラシカルでモダンなスーツ、ジャケットコレクションです。

日本の気候にも適した330g・370gの目付は、打ち込みがあり機能的にも大変優れております。

ヨーロッパの高級トップブランドからも高い評価を受けたドラッパーズ(DRAPERS)渾身の『ファイブスター(FIVE STARS)』コレクションです。

ドラッパーズ(DRAPERS)の『サマーデイズ(SUMMER DAYS)』

ドラッパーズ(DRAPERS)の、真夏の暑い日も快適に過ごせるスーツコレクションとして新たに加わったのが、『ファイブスター(FIVE STARS)』になります。

Super120’sをハイツイストにして使用したトロピカル素材は、上品な艶感としなやかな風合いが特徴的で、日本の気候にも適した軽く爽やかな着心地が夏を彩ります。

毎年イタリアで行われる展示会”ピッティ ウォモ”でも話題となった発色の綺麗なマスタードイエローのグレンチェックを筆頭に、多彩な色柄が魅力的なラインナップとなっています。

まとめ

今回は、知る人ぞ知るイタリアの名門マーチャント(卸商社)ドラッパーズ(DRAPERS)について、歴史的背景から生地の特徴、更にはおすすめ生地4選を紹介して参りました。

ビジネスマンにおすすめの『アライバル(ARRIVAL)』や、暑い夏にも最適なトロピカル素材の『ファイブスター(FIVE STARS)』など、豊富なバリエーションを誇るドラッパーズ(DRAPERS)であなたの活用シーンにあった最適な1着をご仕立てしてみては如何でしょうか?

Follow Me!

エドウィンウッドハウスのオーダースーツ!おすすめ生地3選をまとめ!

ドラゴ(DRAGO)のスーツ特集!おすすめ生地のランクや特徴4選を総まとめ!

関連記事

  1. ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめオーダースーツ生地3選!

    2019.08.16
  2. カチョッポリ(CACCIOPPOLI)のスーツ&ジャケット特集!おすすめ生地の特…

    2018.11.23
  3. CARLO BARBERA(カルロバルベラ)の魅力とは?おすすめ生地3選をまとめ…

    2021.03.06
  4. ハリソンズオブエジンバラの人気生地4選!価格や評判も大公開!

    2018.11.19
  5. ドラゴ(DRAGO)のスーツ特集!おすすめ生地のランクや特徴4選を総まとめ!

    2018.11.22
  6. エドウィンウッドハウスのオーダースーツ!おすすめ生地3選をまとめ!

    2018.11.20
PAGE TOP