Loading

BLOG

REDA(レダ)の人気スーツ4選!ATTOやマイヨールの生地ランクとは?

今回はレダ(REDA)のオーダースーツ特集えおお届け致します!
イタリアを代表する名門服地メーカーの一つであるレダ(REDA)のオーダースーツについて。歴史的背景や、特徴をはじめおすすめ生地を紹介していきます!
是非最後までお付き合い下さい。

設立150年!REDA(レダ)の歴史が凄い!

REDA(レダ)のオーダースーツと生地サンプル

REDA(レダ)は、イタリアを代表する名門服地メーカーの一つであり、1865年にイタリア北部に位置するウールの産地であるビエラ地区にウール工場を設立したのが、REDA(レダ)の始まりとなっています。
REDA(レダ)は、で150年以上の歴史を持つ老舗で、その長い歴史の中で、独自の生産方法を確立しています。
REDA(レダ)で採用する羊毛は、ニュージーランドにて3万ヘクタールもある自社牧場で管理し、羊の飼育から原料調達、工場での紡績、生地完成まで、全て自社で一貫生産することで、高い生産力と技術力を維持し続けています。
徹底的に管理された生産工程、完璧な糸を求め続ける探求心こそが、REDA(レダ)の製品を常にトップの品質に保ち続けている理由です。
定番となるクラシカルなデザインから、時にはファンシーなものまで、平均2500種ものデザインを毎シーズン世の中に送り出しています。

REDA(レダ)の特徴と言えば・・・圧倒的なコスパが大評判!

REDA(レダ)のオーダースーツ

出典:https://www.barneys.co.jp/

REDA(レダ)の人気の秘訣は、なんといっても圧倒的な『コストパフォーマンス』になります。
徹底的な管理のもと安定的に生み出される、高品質の生地のわりに、価格は比較的リーズナブルなのがREDA(レダ)の特徴です。
また、生地の強度試験をおこなう施設で、摩擦や引き裂きなどの実験をクリアしているので、とても丈夫な生地になっています。
また、世界に認められているREDA(レダ)の品質は、世界中の有名ファッションブランドを支えるものとなっています。
『ジョルジオ・アルマーニ』、『ラルフ・ローレン』など、名だたるラグジュアリーブランドがREDA(レダ)の生地が採用しており、日本においても、『green label relaxing』や『TAKEO KIKUCHI』などのスーツ生地にも採用されています。
そして、REDA(レダ)の生地デザインは比較的ベーシックなものが多く、生地の柔らかさが特徴です。
更に、ウール工場として世界で初めて、EUが定めるEMASというエコマネージメントシステムによる認定を受けた企業です。

1

2

【スキャバル(SCABAL)】極上の仕立てが着る人を選ぶ!おすすめ生地5選とは?

ホーランド&シェリー(HOLLAND&SHERRY)の人気シリーズ5選!あの生地の評判や特徴とは?

関連記事

  1. CANONICO(カノニコ )の人気生地4選!あの生地の値段や評判とは?

    2019.01.17
  2. 【スキャバル(SCABAL)】極上の仕立てが着る人を選ぶ!おすすめ生地5選とは?…

    2018.11.13
  3. ドラッパーズ(DRAPERS)の人気生地4選!極上スーツがここに!

    2018.11.21
  4. チェルッティ(CERRUTI)の人気生地6選!生地ランクをプロが解説!

    2019.02.17
  5. エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna)が人気な理由とは?人気…

    2018.11.07
  6. カチョッポリ(CACCIOPPOLI)のスーツ&ジャケット特集!おすすめ生地の特…

    2018.11.23
PAGE TOP