Loading

BLOG

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめオーダースーツ生地3選!

今回はイタリアの高級オーダメイドブランドである、ピアツェンツァ(PIACENZA)について、おすすめ生地の特徴や、世界最古とも言われている老舗生地メーカーの歴史や魅力に迫ります。

素材にとことん拘り、アルチザンと呼ぶ職人による製造と、現代技術を融合生産体制を構築したピアツェンツァ(PIACENZA)の魅力や気になるお値段の相場についても掲載していますので、是非最後までお付き合い下さい。

ピアツェンツァ(PIACENZA)の歴史とは?

ピアツェンツァ(PIACENZA)とは、イタリア北部に位置するエミリアロマーニャ州にある県都の名称になるものですが、メンズオーダースーツのブランドでもある名前です。

そして、このブランドを創り出したのがピアツェンツァ家、その歴史は世界最古ともいわれている毛織物です。

ピアツェンツァ(PIACENZA)はイタリアの高級毛織物産地と呼ばれている、ピエモンテ州ビエラ地区で1600年に創業、その名を世界に広めるきっかけを作り出しています。

ピアツェンツァ(PIACENZA)はの製造技術が凄い!

ピアツェンツァ(PIACENZA)は最高級テキスタイルのリーディングカンパニーとして、その名を広めると同時にスーツを使用するすべての男性からの絶賛されます。

また、ハイグレードなオーダーメイドスーツとして有名で、その証にイタリア王室御用達ブランドになっています。

さらに、スーツを創出する工場には企業DNAを受け継ぐといわれているアルチザンと呼ぶ職人による製造現代技術を融合した形で現代もなお生産が行われるなどの特徴があり、一つ一つの作業はつねに丁寧に行われ1着のスーツが完成します。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のオーダースーツの特徴とは?

オーダースーツは、自分の体に合うものを作ることができる、既製品にはない大きな価値があります。
そのため、オーダースーツは既製品と比べるとコストが高めなどの違いもあります。

しかし、ピアツェンツァ(PIACENZA)のオーダースーツは世界的な定評があること、中でもカシミヤは1913年にネパールからピアツェンツァが最初に伝えたなどの特徴もあります。

その歴史を証明するかの如くカシミヤの起毛にはブランドのアイコンに採用されており、特にピアツェンツァ(PIACENZA)のカシミヤを使った製品は保湿性や吸湿性に優れていると言われている程です。

また、ペルー産で世界最高級素材として有名なビキューナや、超極細繊維のSuper210’sウールなどの最高級な素材を世界中に提供していることでも有名です。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のオーダースーツの値段相場とは?

ピアツェンツァ(PIACENZA)のジャケット生地にもカシミヤが採用されていますが、この素材は非常に貴重な生地素材などからもウール90%に対しカシミヤ10%の高品質ジャケットとして生産されているものもあります。

気になるピアツェンツァ(PIACENZA)のお値段ですが、ジャケットなどの値段は5万円から、オーダースーツともなるとその値段は数十万円を超えるものも少なくありません。

合わせて、他アイテムについても紹介させて頂くと、オーバーコートなども10万円前後のものから数十万円の価格になるものも少なくないのが相場感となっています。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめオーダーメイド生地3選!

ピアツェンツァ(PIACENZA)は世界最古とも言われている老舗生地メーカーで、デリケートな高級原材料の取り扱いにおいては名門生地ブランドとして高い評価を得ています。

素材を見るだけで高級と言える、その理由の中には強い光沢感や発色の美しさを感じさせてくれるからです。

当ブランドの素材はスタンダード柄を中心にプレーン柄やチェック柄、ストライプ柄など着る人の好みに合わせ多様なバリエーションが揃っています。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめ生地①
『EXCELLENCE(エクセレンス)』

ピアツェンツァ(PIACENZA)の『EXCELLENCE(エクセレンス)』は、100%のヴァージンウールを採用しており、長年の伝統で培ったフィッシング加工を施しているため、他にない特別な風合いがあります。

目付けは240-250gと軽量で一年を通して快適に着用可能な生地として人気の高いシリーズになっています

Super’150にシルク混の生地は、艶感が美しいことからも、交流会やパーティーなどのシーンでの着用がおすすめです。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめ生地②
『EMOTION(エモーション)』

ピアツェンツァ(PIACENZA)の『EMOTION(エモーション)』は、ニュージーランド産の高級ウールとして有名なメリノウールを厳選採用しています。

Super150s’に生地表面に出る自然な艶が特徴の最上級700デニールのシルクを15%ブレンドされたとても不可価値の高い生地になっています。

ピアツェンツァ(PIACENZA)の生地らしい、光沢感がとてもエレガンスで上品さ漂う雰囲気を醸し出します。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のおすすめ生地③
『ZEPHYR(ゼファー)』

ピアツェンツァ(PIACENZA)の『ZEPHYR(ゼファー)』は、ニュージーランドのヴァージンウールにキッドモヘア38%とシルクを10%を配合させた生地になります。

そのため、光沢感に優れ、生地感が滑らかでありながらも、モヘアのハリ感が備わっているのが特徴的な生地になります。

素材を存分に味わって頂く為にも、無地等、シンプルな柄をおすすめ致します。

ピアツェンツァ(PIACENZA)はカシミヤストールもおすすめ!

ピアツェンツァ(PIACENZA)のカシミヤストール

冬物の洋服はある程度買い揃えたので、小物も集めたい男性も多いのではないでしょうか?

ピアツェンツァ(PIACENZA)のオーダーメイドスーツやコート類などのイタリアブランドではありますが、カシミヤのストールも高級素材で作り出されているアイテムであり、スーツ生地に合わせて選ぶのがおすすめです。

高級感を持つオーダーメイドスーツ、そして冬の寒さを凌いでくれるコート、これに加えて用意しておきたいのがストールになり、ピアツェンツァ(PIACENZA)のカシミヤストールは、プレゼントにも重宝されているおしゃれなエグゼクティブのマストアイテムになります。

ピアツェンツァ(PIACENZA)のマフラーもおしゃれ!

ちなみに、マフラーはウールを選ぶことで寒さから体を守ってくれるといいますが、これは顔の近くで使うアイテムなどからもウールが良いと言われています。

カシミヤも寒さを守る役割はウール同様にあるのですが、この素材は手触り感が優しいのが特徴になります。

見た目にも高級感がありますし、特に素材に拘りを持つピアツェンツァ(PIACENZA)のマフラーは、肌触りおよび保湿性に優れているといった特徴を有します。

ピアツェンツァ(PIACENZA)が購入出来る店舗やテーラーとは?

ピアツェンツァ(PIACENZA)のスーツやコート、これらはすべてオーダーメイドなどからも、自分の体にフィットするものを作れる魅力を持っています。

グローバルスタイルをはじめ、全国のオーダーメイドショップなどでもお仕立てが可能です。

加えて、マフラーやストールなどのファブリックコレクションは、全国のBEAMSなどのセレクトショップや、伊勢丹などの百貨店にてお買い求めが可能になっています。

まとめ

今回は、ピアツェンツァ(PIACENZA)について、オーダーメイドスーツを中心に、世界最古の歴史や、特徴、おすすめ生地について紹介してきました。

オーダーメイドスーツのみならずストールやマフラーなどの小物についても、評判の高いピアツェンツァ(PIACENZA)のアイテムを是非この機会にお試ししてみては、如何でしょうか?

Follow Me!

イタリアの名門アリストン(ARISTON)!オーダースーツの生地や価格を総まとめ!

フィンテックス(FINTEX)のおすすめスーツ生地3選!評判や価格を総まとめ!

関連記事

  1. フラッテリタリアディデルフィノ(FRATELLI TALLIA DI DELFI…

    2021.03.17
  2. アンジェリコ(angelico)のオーダースーツ!おすすめ生地3選と評判を総まと…

    2019.08.30
  3. イギリスの名門!ダロウデイルはデキる男の象徴!おすすめ生地3選を紹介!

    2021.09.06
  4. スキャバル(SCABAL)のオーダースーツ!仕立て映えする生地感が着る人を選ぶ!…

    2018.11.13
  5. テーラーロッジのスーツが凄い!気になる価格や生地の評判まで大公開!

    2021.03.16
  6. DORMEUIL(ドーメル)の人気シリーズ7選!あの生地の評判やランクとは?

    2018.11.09

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
PAGE TOP